スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
- 2012/05/28(Mon) -
真庭の山には、素敵な植物が沢山息をしていて、インターを降りた時から、ウキウキします。

新緑の季節、レッスンに向かう道は、緑のトンネル。

沢山のトンネルをくぐるりぬけ、山を上り詰めると醍醐の桜があります。

その奥に素晴らしい大桜があると聞き、足を延ばしてみました。


岩井畝の大桜

樹齢800年のアズマヒガン。



醍醐様と同じ種類の桜。斜面に佇んでいいます。住む場所が違うとこんなにも違うのかと感動していると

すぐ横には、見事な大椿さん。

山のベンチに腰かけて、ゆっくり対話しました^^


この大椿と大桜の前には、民家があって、色んな音が山に向かって流れてきます。鳥の声もたくさん。

それを聞いた大椿さんと、大桜さんは、さてさてどんな対話をしてるんだろうと思いを巡らせると嬉しくなる^^



1時間たっても、2時間たっても、離れられない心地の良い場所。そのままずうっといたら、1年。10年。100年。1000年。たつのでしょうか。

佇む二人が仲良しなのが伝わってきたので、

また来月も仲間に入りたくて、足が向かうんだろうなぁ。。

植物との対話は、時が経つのを忘れます。
スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<タイトルなし | メイン | 美しいバラたち>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://atelierlumiere.blog109.fc2.com/tb.php/891-682b427f
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。