焼き物を好きにさせてくれた人
- 2013/01/25(Fri) -





お祝いのお重を運んで福山へ。


今全身全霊で私にできる御祝の気持ちを連れていきました。

この五年間で出会った沢山の人達に教えてもらったこと、学んだこと、感動した気持ち。今の私のできる限りの気持ちをお重の植物たちに伝えて。


大地の恵みを、微笑みをのせて、っと。植物のさまは、作陶家さんの生き姿。


器に使ったお重は、祖母と一緒にあそんだ思い出のお重。

祖母は、きっともっと前の祖母からいただいた器でしょう。他の人には、ただの古臭いお重。見事に趣を奏でてる。笑


そんな風に、器は人と人をつなぐ。思い出もつないでくれる。このお重を見るたびにそんな楽しい思い出がよみがえる。

この世に出てきた備前焼さん達も、時をこえて、沢山の思い出を一緒に見て、それを伝えていかれることを願って。

そんなお祝の気持ちは、伝わるのかなぁ^^

伝わらなくても。悲しいニュースが舞い込むこの数日、

この器のように、世界中の人々に植物たちの祈りと大地の愛がじんわり広がって、みんな幸せになりますように。

福山の個展、心より、おめでとうございます。

大好きな相棒ちゃんといけ込で来たのは、最高の幸せ。

私たち二人に喜びが広がり、植物との対話で楽しい化学変化を起こす。

大地の愛を存分に受けて。

これからもこの気持ちを忘れることはない。


器たちに感謝!その作り手に大感謝!
スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<幸せ | メイン | 初花>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://atelierlumiere.blog109.fc2.com/tb.php/954-90cde838
| メイン |